第3号 AI(人工知能)は本当に必要?

2019-07-03

AI(人工知能)の企業導入が急速に広まっており、多くの成功事例を目にすることで、前回の「AIのダメな子?できる子?」ブログでは、AI(人工知能)は使う側次第で大きなメリットになると書きました。しかしその反面、AI(人工知能)の導入が企業にとって大きなデメリットとなってしまう場合もあるので、失敗事例も存在します。失敗事例を見ると、企業で導入するのであれば、目的は明確にしているのでは?と考えています。そこで、どのような形で企業は失敗しているのか、調べてみました。

1. 本当にAI(人工知能)が必要なのか?

AI(人工知能)の人気が増えている中、「AIで何かしたい」と考える人は少なくないかと思います。その中でも、明確な目的や課題を持った人はAI(人工知能)の可能性や、必要性を考えて検討しているかと思います。ただし、「AIで課題を解決したい」といった目的がただ単に「AIを使いたい」に変わってしまうと、 課題の解決方法としてAI(人工知能)が最適ではなくても導入してしまい、失敗に繋がってしまうことがあるようです。AI(人工知能)の導入を検討する前に、「AI(人工知能)」といった単語に振り回されないように、他の方法で課題を解決・改善できないか、そして本当にAI(人工知能)を導入する必要があるのかを見極める必要性があるようです。

2. AI(人工知能)導入の現実

それでは、AI(人工知能)を導入して、どのように企業は失敗したのでしょうか。失敗事例と言われるのは、 AI(人工知能)が課題を解決できなかったということではなく、費用面の失敗や、学習データ量が不十分であることで失敗に繋がったと言えます。例えばある中古車企業では、人間の代わりに、AI(人工知能)を活用してお客様の要望に合った車をレコメンド(提案)するシステムを導入していました。レコメンドの精度は高いと評価されており、素早く提案ができたため、作業の効率化も実現されていたようです。ただし、この作業はエクセルシートを活用して精度の高いレコメンドを実現することができると判明され、AI(人工知能)の導入コストが必要なかったことが後から分かりました。このように、費用面でAI(人工知能)の導入を失敗してしまったということです。また、AI(人工知能)を活用する際に大量のデータを準備する必要があります。AI(人工知能)はすでにあるデータを機械学習して賢くなる形であるため、学習データが少なければ少ないほど、AI(人工知能)を活用しても良い結果を得ることは難しいと言われています。


3. AI(人工知能)の活用事例

ここまでネガティブな内容でしたが、実際に成功した活用事例を見ていきます。

3-1 ECサイトでの利用

ECサイトでは、接客から集客分析を行うAI(人工知能)を活用したサービスが提供されています。例えば接客をするAI(人工知能)の場合、サイト上でみられるユーザーの行動や、流入経路、よく閲覧される商品、過去の購入情報などの情報をもとに、そのユーザーに合わせた商品を提案したり、クーポンを発行したりできます。さらに、ファッションECサイトではAI(人工知能)にプロのセンスを機械学習させて、ユーザーに合わせたコーディネートを提供するサービスもあります。集客分析を行うAI(人工知能)の場合、ユーザー情報をもとにサイト状況を分析し、問題点を可視化するサービスがあります。このようなサービスは、提供内容がお客様の課題に一致しやすい上に、パッケージ化されているシステムなので、開発費用が大きく発生することはありません。

3-2 農業での利用

農家の高齢化や人手不足が進行している中、AI(人工知能)を活用して農業をサポートする「AI農業」が注目されています。AI農業は、AI(人工知能)を活用して、可能な限り農業の作業を自動化する取り組みです。例えば、クボタの「農機自動運転」トラクターはGPSを活用し、無人でトラクターが農作業を行うことができます。その上に、農場の土壌などの細かな状態をAI(人工知能)が機械学習することで、従来人間が決めていたトラクターのルートをAI(人工知能)が決められるように目指しています。

3-3 ビックデータの分析

金融業界や投資家は、AI(人工知能)を活用してソーシャルメディアのつぶやきや、天候、衛星画像など広い範囲のデータ(オルタナティブデータ)の収集と分析を行い、そのデータを利用しています。さらに、AI(人工知能)はマーケティングツールと連携して活用されており、ユーザーの関心度を可視化したり、オートメーションシナリオの設計を完全自動化したりと、利用されています。


4. 家庭で使われるAI(人工知能)

これまではビジネスや産業に寄り添うAI(人工知能)の活用でしたが、一般家庭にもAI(人工知能)が浸透しています。よく知られているのがAI(人工知能)を活用したエアコンであり、毎日の室内温度や使用パターンを学習して、利用者の好みの温度を予測してくれます。他には、食材条件に合わせて料理を提案してくれるオーブンレンジや、洗濯時間や内容をAI(人工知能)が決定してくれる全自動洗濯機などと、様々な形でAI(人工知能)が家庭を支えています。


5.まとめ

AI(人工知能)は少しずつ我々の日常生活に現れてきており、実際にビジネスシーンから家庭まで、様々な場面で利用されていることが分かります。それぞれの活用事例には明確な目的があり、AI(人工知能)の導入でハイリターンを得られる活用方法だと思われます。ただし、AI(人工知能)を活用することでなんでも解決できるといった、少し夢を抱いている考え方から失敗事例は生まれます。実際には、開発コストやデータ量など様々な条件が整っていないと、AI(人工知能)は有効に活用できないことが現実です。また、求めている成果を得られるためには、本当にAI(人工知能)ソリューションが一番最適なのか、検討している皆様には改めて考える必要があるかもしれません。AI(人工知能)があるから良い結果が出るのではなく、目的に合わせてAI(人工知能)を的確に運用することが大切です。